自然素材の家にはどんなメリットがある?選び方のポイントや雑学を詳しく紹介

このサイトでは、最近環境にやさしい暮らしを志向する人たちの間で改めて脚光を浴びている「自然素材の家」について、どのようなメリットがあるのか、について解説しています。選ぶ上でのポイントや、意外に嬉しいメリット、後悔しないために重要な点も詳しくわかります。その上で、鉄筋コンクリート性の家に比べて、意外に知られていない雑学も併せて紹介しています。これから新たに家を買おうと考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

自然素材の家にはどんなメリットがある?選び方のポイントや雑学を詳しく紹介

自然素材の家は、天然素材を使用するため環境にやさしいことや、建物全体の通気性が良く、空気を循環させることで暖房や冷房のエネルギーを節約してくれることから、省エネルギー性能に優れていることなどがメリットとして考えられます。


自然素材の家の選び方のポイントは「資材の選定」や「健康性能」「環境への配慮」「耐久性」、そして「全体的な雰囲気や周囲との調和」、そして「費用」などが考えられるでしょう。
自然素材の家は一般的に高価ですが、長期的に見ると費用対効果が高いです。


また、自然素材の家の雑学としては「木造家屋は地震時に揺れを吸収するため、意外に耐震性があること」が挙げられます。

自然素材の家がおすすめの理由とは?

身体にやさしい素材を使用しているものは、肌に触れるだけでも心地よく感じることが多いですが、実際に自然素材の家を建てたらどのようになるのか考える人は少なく無いはずです。
中でも自然素材の家は、視覚的にみても目に優しく、おしゃれで健康的な印象を与える場合が多く、木であれば木目なども人工的なものに比べて模様は様々なのに不思議と統一感が存在します。
このようなことから例え費用が高くなっても、天然の素材を利用した家の方が好まれる理由になるのではないでしょうか。
全体的な内装に関しても、天然の素材を使用するだけでナチュラルテイストになり、違う異なった素材を張り合わせることで、おしゃれなデザイン性の高い部屋作りができます。
プリント合板では高級感を出せないですが、自然素材であれば木の香りも楽しむ事が出来て更に楽しむ事が出来ます。
小さい子供のいる家庭や身体の弱い方が居る家庭での影響が少ない点も、安心して暮らせるメリットです。

自然素材の家は適度な弾力の床を有している

自然素材の家とは、その名の通り資材に自然由来のものを多く取り入れて建てられた家のことをいいます。
壁や柱はもちろんのこと、塗料や接着剤に至るまで、極力化学製品を排することによってシックハウス症候群などの健康リスクを抑えるとともに、自然素材の持つ独特な風合いに囲まれることで、精神的な落ち着きも得られます。

また、小さな子供やお年寄りにも優しい住環境が実現できるというのも、自然素材の家が持つメリットの1つです。
これは特に床に関して言えることですが、自然由来の床材には適度な弾力を有しているものが多く、歩くときの衝撃を吸収することで足腰にかかる負担を軽減してくれます。
竹やコルク、サイザル麻などが弾力性に富んだ床材の代表的なものですが、それ以外の素材でも合成樹脂などを原料とした工業製品に比べると、一般に足への当たりはやわらかめです。
そのため、室内を歩き回っても疲れにくいうえ、万が一転倒した場合でもある程度はショックを和らげてくれる効果が得られます。

足や腰に対する負担を軽減できる自然素材の家

自然素材の家とは床に使用される部材も天然木が使用されており、意図的に傷が付きにくくしたり強度を高めようとしている素材とは一線を画します。
経年とともに色合いも変化し深い味わいを出すだけではなく、天然材だけが併せ持つ強度と柔らかさが人間の体に加わる衝撃をも緩和してくれます。
これは野球やサッカーに代表される人工芝であっても硬いコンクリート等の上に、薄い芝を張っているだけではプレイヤーの体が怪我しやすくなるのと同様の理由があるのです。
また、マンションなど上部の階からの音が響き渡る時も、床材を変更することでその音量はかなり軽減されます。
これは、表面の床材の下に材質の柔らかい木材は挟むことで、多くの衝撃波を吸収させることで現れる効果です。
このように様々な証言木を吸収し更に強度も併せ持つ天然素材を使用した、自然素材の家が住む人の足腰に悪い影響が出るはずがありません。
ただし、その素材が床材として適切かどうかは、専門家のアドバイスを聞きながら慎重に決定していかなければなりません。

室内に化学物質が増えるリスクを抑えられる自然素材の家

自然素材の家であれば、室内に化学物質が増えるリスクを抑えることができます。
通常の資材を利用して家を建てた場合、様々な化学物質が空気中に舞う結果となってしまいます。
安全なはずの自宅で知らず知らずのうちに化学物質を吸うことで、健康上の問題を感じるようになるでしょう。
自然素材の家であれば、空気中に化学成分が舞う心配がありません。
健康が気になる方も安心して生活を送ることができます。
大人もそうですが、特に小さな子どもや赤ちゃんの場合、化学物質に弱いです。
科学的な成分にさらされることで健康上のリスクが生じてきてしまうでしょう。
その点、自然素材の家であれば、天然成分でできているので小さな子どもや赤ちゃんでも安心して生活を送れるようになってきます。
家族全員の健康を考えるなら、自然素材の家を選んでみるとよいです。
自然素材であれば、老若男女問わず安心することができますし、アレルギーの発症を気にすることなく生活することができます。

自然素材の家で使用される素材の種類

自然素材の家というと素材の種類の豊富さが魅力ですが、具体的にどういったものが使われているのでしょうか。
木材だけでもスギにヒノキやケヤキ、パイン材などの松が主流ですし、外国産の木材を輸入して建てるこだわりの自然素材の家も珍しくないです。
木材は素材の良さが活きる無垢材が人気で、最小限の加工でそのまま建材として使える素材が好まれます。
一方、木材以外には漆喰や珪藻土が定番中の定番で、自然素材の家といえばこれらの名前を挙げる人が少なくないです。
いずれにも共通するのは素材が呼吸をすることで、空気を吸着したり空気が乾燥した時に湿気を吐き出すなどして、住空間の快適性を調整してくれることです。
自然素材の家は手で触れた時に感じるぬくもりや視覚的な安心感、固有のニオイなども魅力となります。
だからこそ自然素材にこだわる人がいるわけで、豊富な種類の中から選べることもあって、家づくりの自由度が高まり楽しさも増すのではないでしょうか。

自然素材の家には音をバランスよく吸収する効果がある

自然素材の家はあたたかな木の空気感を得ることが出来ますが、メリットはそれだけではありません。
自然素材の家にはバランスよく音を吸収してくれる効果もあります。
金属製であれば、音をはじく効果が大きく、室内がどうしても騒がしくなってしまいます。
コンクリートだと吸収しすぎて何となく盛り上がらない雰囲気になることがあり、その中でちょうど良いくらいに吸い取ってくれるのが自然素材です。
木には細かな穴が空いており、そこに音が入っていくことで適度に吸い込まれます。
その結果、騒がしくなりにくく、静かになりすぎない家を実現できます。
外に出ていく量も少ないので、騒音問題の発生防止にもつながります。
使用する素材によってさらにバランスを調整することも出来ます。
話し声などが外に抜けづらく、かと言って中で反響することもありません。
その性質は年月が経っても衰えにくく、いつまでも長くメリットを実感しながら暮らすことが出来ます。

リラックス効果が期待できる自然素材の家

自然素材の家は何と言っても見た目が落ち着きを感じさせる雰囲気で、何よりリラックス効果に期待できるのが魅力ではないでしょうか。
自然素材の家を代表するのは木材で、天然木のそれも無垢材ともなれば、美しくて飽きない木目が楽しめます。
しかも経年で少しずつ色味が変化しますから、木も生きているという実感が得られますし、一緒に年をとっていける感覚になります。
自然素材の家はまさにそのように有機的な変化もまたポイントで、愛着が湧いたり家族にとって掛け替えのない住処になっていくわけです。
リラックス効果が得られる自然素材の家といえば、木材の香りもそうですが、珪藻土や漆喰による空気の浄化機能も忘れてはいけないです。
これらの素材はまるで呼吸をするかのように、空気を吸着したり放出します。
結果として湿度が調整されたり、空気中の化学物質が捉えられて空気が綺麗になります。
この空気清浄機のような機能も含めて、快適に伸び伸びと暮らせるのではないでしょうか。

居心地の良さや安らぎを与えてくれる自然素材の家

自然素材の家は素材のぬくもりや見た目の優しさ、綺麗な空気などが居心地の良さだったり安らぎを与えてくれるのではないでしょうか。
無垢材は木目や木肌が手に取るように分かるので、触れることでより自然素材の家の魅力が伝わりますし、見るだけでも癒やしになります。
また無垢材や漆喰、珪藻土といった自然素材の家は呼吸しているので、家そのものが生きているかのような感覚が得られます。
呼吸というのは何も大げさではなく、不快な湿気や化学物質を吸着してくれますから、居心地が良く感じられたり安らげるのは当然です。
外から帰ってきた時に深呼吸をしてみると分かりますが、自然素材の家は空気が違いますし美味しく感じるはずです。
それから裸足で床に触れると気持ち良いですし、思わず素足で過ごしたり床に座りたくなると思われます。
こうした魅力は大人もそうですが、感受性が豊かな子供ほど強く感じたり魅力に思えるので、家族にとって安らげる環境になるのではないでしょうか。

自然素材の家はどんな人におすすめ?

自然素材の家は、アレルギーを持っている人におすすめです。
アレルギーを持っていると、化学成分にも敏感に反応してしまいます。
その結果、体調面で様々な弊害が起こってしまうリスクが存在しているでしょう、自然素材の家であれば、天然成分で家を建てているため、健康に害を及ぼす心配がありません。
アレルギー体質の人でも安心して暮らしていくことができます。
また、精神的な面を重視している方にも自然素材の家はおすすめです。
自然な木材を利用している家の場合、木のぬくもりを感じることができたりよい香りの中で生活を行うことが可能です。
天然の木材の香りに包まれることで、精神的にリラックスすることができますし、イライラしたり不安を感じることなく生活を送ることができます。
自然素材の家は多くのメリットが存在しています。
特に心身の健康を重視している人は選んでみるとよいです。
選ぶことで、いつまでも元気に過ごすことができるでしょう。

自然素材の家は経年劣化を楽しめる

一戸建ての家は一生に一度の買い物だと言う世帯はとても多く後で後悔しないように色々と工夫をしていますが、一生そこに住むことになる可能性が高いので時間をかけてしっかりと考えている人が殆どです。
建売住宅であれば比較的安く購入することができるので金銭的な面でお得ですが、自分が気に入った家に住みたい場合にはそれだと少し不満です。
そこで設計の段階から関わることにできる注文住宅の家を希望する人が増えていますが、中でも自然素材の家は体にも環境にも優しく快適な環境で過ごすことができるので人気があります。
また自然素材の家は経年劣化を楽しむことができると言うメリットもあり、これは鉄筋造りの家などでは味わうことができないのでこの点でもメリットはとても大きいです。
このように自然素材の家は経年劣化を思う存分楽しむことができる上に体にも環境にも優しいので人気がありますが、どれぐらいお金がかかるのか事前によく確認することが大切です。

自然素材の家に備わっているアルファ波効果とは?

自然素材の家には様々な魅力がありますが、天然木がもたらすアルファ波効果もそのなかのひとつです。
アルファ波とは脳から発生する電気的信号(脳波)の一種で、8~13Hz程度の周波数帯域のものを指します。
アルファ波は心身ともにリラックスした状態のときに生じるという特徴があるのですが、この脳波が発生している状態の脳内ではベータエンドルフィンというホルモンが分泌されています。
ベータエンドルフィンは心身のストレス軽減や鎮痛作用、気分の高揚などをもたらすため、脳の快楽物質とも呼ばれています。
よく天然木にはリラックス効果があると言われていますが、これはフィトンチッドと呼ばれる植物が自身の身を守るために放出する揮発性の物質がアルファ波を増加させる作用を持っているためです。
フィトンチッドは木の香り成分として知られる物質で、植物の種類によって放出される物質は異なりますが、基本的にはアルファ波を増加させてくれます。
そのため、天然木がふんだんに使われた自然素材の家は、心身ともリラックスしやすくストレスを低減してくれるというメリットがあります。

自然素材の家で慎重に検討したい素材選び

自然素材の家とは接着剤等の化学物質を使用されていない、天然の部材を多く使用し建築された建物を指します。
それだけに現状家を建てるときに目的に応じた部材を作成し、組み合わせたもので師匠の少ない家を建てることとは条件が大きく異なります。
湿気に強くなければならないのであれば表面の塗装に配慮し、水気の多いところであれば金属を加工したものや水分が入り込まないよう接着剤等を利用したりします。
例えば湿気が多くては不快感を感じてしまうのであれば、壁に珪藻土を利用するのも良い方法です。
キッチンであればオーク材やメープル材が適しており、いずれも湿気や傷に強く壁材や床材にも適している樹木です。
オークとはどんぐりがなることでよく知られるナラで、欧州では昔から船を造る時の素材としても重宝されてきたものです。
当然外壁に塗る塗装や接合部に欠かせないネジなど、自然素材ではない部材等も必要にはなってきます。
しかし、いかに見た目にも美しく変化をも楽しめる自然素材の家であっても、使用する場所や部屋によって利用する資材は慎重に選ばなければなりません。

自然素材の家は黒カビの発生が少ない

自然素材の家は調湿機能を持っていることから、いわゆる黒カビの発生が少ないのではないでしょうか。
無垢材であればしっかり乾燥されていることが前提ですが、自然素材の家は空気中の湿気を吸ったり吐いて調節してくれるので、過度に乾燥したり湿度が上がることが少ないです。
つまり黒カビが発生する高湿度という条件にならないので、知らぬ間にカビだらけになったり、健康を害するようなことが殆どないわけです。
自然に乾きにくい吸湿性の高い素材を使っている場合は別ですが、一般的な自然素材の家であれば、内装材が濡れても自然に乾いて乾燥します。
大量に足が浸かるくらいの水に覆われる状況は流石に厳しいですが、通常の生活においてはカビが問題になりにくく、あまり気にせずに生活を送れるのは確かです。
自然素材の家は嬉しいことにニオイや化学物質も吸着してくれますし、ダニも増殖しにくい環境が実現するので、健康的かつ快適だといえるのではないでしょうか。

デザインの美しさが魅力な自然素材の家

構造から仕上げまでを全て天然素材で構成している家のことを自然素材の家と言いますが、中には天井だけや床だけなどが天然素材で他の部分は違う家でも、自然素材の家と呼ばれていることもあります。
材料の中でも、完全に天然で出来た素材のものもあれば、材料の一部に人口のものが入っているようなものもあり、様々であるパターンが少なからず存在します。
本当の天然の度合いが上がっていく方が、より素材作りに手間が掛かる為、実際に費用も高く掛かってしまうケースがほとんどです。
自然素材の家の特徴としては、体に触れた時の心地よさがあって、その際にもデザインが美しく感じられる物の方が多いだけでなく、人工的なものに比べて圧倒的に触り心地の感触の良さに差が出ます。
遠くから見ても自然な物の場合は、高級感や質感が優れていてはっきりしているので、多少の費用が掛かってしまっても重要なポイントには天然の素材を使用しているような家に仕上げる方が良いでしょう。

自然素材の家に関する情報サイト
自然素材の家を徹底研究

このサイトでは、最近環境にやさしい暮らしを志向する人たちの間で改めて脚光を浴びている「自然素材の家」について、どのようなメリットがあるのか、について解説しています。選ぶ上でのポイントや、意外に嬉しいメリット、後悔しないために重要な点も詳しくわかります。その上で、鉄筋コンクリート性の家に比べて、意外に知られていない雑学も併せて紹介しています。これから新たに家を買おうと考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

Search